審美歯科を利用して歯の健康を維持〜歯を維持っちゃおう〜

男性と女性

治療を受ける

インプラントは街の歯科医院で受けられます

虫歯や歯周病が悪化すると、歯を削ったり薬での治療だけでは完治せず、歯を抜かなければならないケースがあります。歯を抜いてしまった後は、空いている部分に入れ歯や義歯を取り付ける治療を行います。 その中でもインプラントは、歯科医院で受けられる治療の中で最も本来生えていた歯と同じように食べ物を噛める治療です。インプラントは殆どの場合が自由診療になります。大学病院などの大きな施設でも治療を受けられますが、街の歯科医院でも取り扱っているところがあります。 インプラントの治療は、手術になります。歯茎にチタンの人工歯根を埋め込んで、その上にセラミックの人工歯を被せます。インプラント手術の後は、他の歯と同じように歯磨きをしてケアをするのですが、周りの歯に虫歯ができないように、定期的に歯科医院へ診察を受けに行く必要があります。

インプラントでしっかり噛めて見た目も変わらない歯に

インプラントとは、もともと体内に埋め込む医療機器などを指す言葉です。なのでペースメーカーや美容整形で使われるシリコンなどもインプラントの一種です。しかし、一般的には抜けてなくなってしまった歯の代わりに顎の骨に埋め込む人工の歯根のことをインプラントと呼ぶことが多いです。 治療では歯がなくなってしまった部分の顎の骨にチタンやチタン合金でできたインプラントを埋め込み、その上に義歯をかぶせています。義歯をしっかりと固定できるので、入れ歯やブリッジよりもお手入れがしやすく違和感なく使えるという利点があります。 インプラントは比較的歯を失いやすい高齢者が治療を受けることが多いですが、虫歯や歯周病などで歯を抜いた方や不慮の事故で歯を失った方などもインプラントを利用することがあります。歯が抜けていると見た目が気になるだけでなく、噛み合わせや顔のゆがみ、発音への影響などのリスクが考えられるからです。