審美歯科を利用して歯の健康を維持〜歯を維持っちゃおう〜

男性と女性

医師により変わる効果

治療効果は医師の腕次第

インプラントは成功率が高い治療ですが、リスクもゼロではありません。そのリスクを最小限に抑えて成功させるためには腕のいい歯科医師に治療を依頼する必要があるでしょう。 インプラント失敗事例には、穴あけで顎骨を突き抜けた、神経を損傷した、腫れが引かないなど色々ありますが、いずれも原因は未熟な医師による治療を受けたためとされています。一般歯科治療とは異なる専門的な知識と技術が求められる治療なので、それを理解して医師を選ばなくてはなりません。 医師を選ぶ際には口コミを参考にしてみるのもいいですが、自ら足を運びカウンセリングを受け、自分の目と耳で確認してみることが大切です。その上で納得できる医師に依頼してください。

治療期間を短縮する方法

インプラントは高い治療効果が得られますが、治療期間がかかりすぎる、手術の回数が多い、費用が高いというような点から諦めてしまう人も少なくはありません。 しかし他の治療である入れ歯やブリジッジをしても、後々「やはりインプラントを・・・」というケースが多いので、早めに検討した方がいいでしょう。ただ、上記の点は気になるため、そこで歯科業界では治療期間や手術期間を短縮する治療方法への取り組みが行われています。 インプラントは普通なら治療期間は3か月〜10か月、手術回数は2回とされていますが、今は治療期間1日、手術1回という治療が可能となっています。そのため躊躇してしまっている人は医師に相談して1日インプラントを検討してみましょう。